現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • プライバシーポリシー
商品コード:
wt030d

誰も書かなかったアメリカの性教育事情【電子版】

地域コード:全国

行政/民間: 民間企業

ジャンル: 教育

フォーマット: PDF


通常価格(税込):
1,080
販売価格(税込):
1,080
ポイント: 50 Pt
関連カテゴリ:
電子ブック
 米国では61%の親が「結婚までの純潔」を説く性教育を支持し、公立中高校の3分の1が導入。翻って、高校生に性感染症が蔓延し、エイズ感染爆発が近い日本は、いつまでポルノまがいの性教育を続けるのか!?

■本書「まえがき」より

 わが国では、ティーンエージャーの性の乱れがとみに指摘されているが、アメリカでは「結婚まで性交渉を行わない」ことを促す自己抑制教育(*)が10代のシングルマザーや人工妊娠中絶の減少に効果を発揮しつつあり、これが全米の3分の1の公立中高校で行われている。

 本書は、米国のさまざまな自己抑制教育団体を取材しながら、多感で性にアクティブな段階の若者に、こうした伝統的な家庭観とも言えるメッセージをいかに浸透させているかを伝えるものである。

 全米の主要な自己抑制教育の指導者が一堂に会したカンザスシティーでの会議を基点として、さまざまな証言やルポを交え、時にその教材を詳細に紹介しながらメソッドを整理し、日本の読者に、アメリカで起きている自己抑制教育に向けての情熱と方法論が伝わるように配慮した。

(*)アブステナンス教育、純潔教育、禁欲教育など、さまざまな呼び方をされている。


■世界日報「自己抑制教育」取材班・編著
■平成19年12月17日 発行

当商品は電子版です。
閲覧には「世界日報ビューア」(無料)が必要です。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。